Japanese Only
 

東京リポート: September, 2005


第6回 新倉式呼吸法健康大会
8月31日(水)〜9月4日(日)
個人ヒーリング /ワークショップ
於・東京新橋
主催 : 新倉式呼吸法を広める会 共催:三井温熱株式会社


8月31日(水)
 本日はヒーリングを40回弱行いました。予約もそれほど多くなくゆったりしたペースでヒーリングを行うことができました。昨日ミシガンより日本に到着したエディさんは長旅と時差ボケのため疲れている様子でした。
 ヒーリング終了後、同じ場所で会費制のウェルカム・パーティーが開催されました。本日のヒーリング参加者、ミシガンへ行かれた方や三井温熱の関係者の方々が集まりました。新倉先生は、「東京からミシガンへ行った人がこんなにたくさんいるのか」と驚いていました。 しかも皆様お元気で、お仕事をされている方は仕事が終わってから参加してくださいました。先生は、『ミシガンの同窓会のようだ」と言っていました。久しぶりにお会いする顔に懐かしさを覚えるとともに、明るい笑顔でお元気な様子にうれしく思いました。また、たくさんの方々がわざわざ先生に挨拶をするために訪れてくださり、先生への感謝の気持ちや先生を慕う気持ちが感じられました。参加者の皆様本当にありがとうございました。


9月1日(木)
 本日は一日ヒーリングを行う予定です。ヒーリングは午前中約20回、午後は約25回やりました。14:00頃、ろうそくとコインを使ったデモンストレーションを行いながら、癌をどのように焼いていくのか説明しました。
 今日ヒーリングを受けるのが初めての方で足がむくんでいる方は、「先生に氣を入れていただいたら、ものすごく軽くなった」と言って感動していました。スッと立って軽い足取りで歩いていらっしゃいました。
 たくさんの方々に参加していただき、ありがとうございました。明日からは3日間ヒーリング&ワークショップを行います。昼休みにパットさん、リチャードさん、エディさんの3人はワークショップの場所の床を確かめながらトレーニングをしていました。明日は、どのようなワークショップになるのか楽しみです。


9月2日(金) スケジュール予定

1. 9:00 - 12:00 呼吸法ワークショップ
  12:00 - 13:00 昼食
2. 13:00 - 17:00 ヒーリング
場所:三井温熱研究所

 今日から東京での呼吸法ワークショップが始まります。新倉式呼吸法健康大会も6回目になりました。参加者の方々の顔ぶれを見ると、懐かしい顔あり、いつもの顔あり、初めての顔ありと様々な顔に6回目の重みを感じます。氣Tシャツを着ている方も多く、少しずつではありますが新倉式呼吸法が浸透しているように見受けられ、うれしく思います。

  1. 先生のお話から始まり、デモンストレーションをしながら氣についての説明をしました。4つの基本動作等の練習を行いました。開始から1時間も経たないうちに、病気の症状別対処法をやりました。その内容は肩凝りと糖尿病です。
     10時から5分間の休憩がありました。頭痛、むち打ち症、胃潰瘍をやりました。
     11時から再度5分間の休憩をとりました。休憩後は宮口先生のお話がありました。ホワイトボードを使って図を書き示しながら氣や病気についての説明がありました。宮口先生のお話を聞いて、氣・水・血のバランスがとても大切だということがよく分かりました。先生のお話後、呼吸法の練習をしました。ワークショップの参加者は約30人でした。
  2. 昼食後、ヒーリングを約40回やりました。予定よりも30分早くヒーリングが終了しましたので、16:30から17:00まで呼吸法ワークショップをやりました。17:30頃ヒーリングを受けにお一人来られるとのことでしたが、先生が一人でやることになり、本日のワークショップは17時に終了しました。

9月3日(土) スケジュール予定

1. 9:00 - 11:00 呼吸法ワークショップ
2. 11:00 - 12:00 ヒーリング
  12:00 - 13:00 昼食
3. 13:00 - 15:00 呼吸法ワークショップ
4. 15:00 - 17:00 ヒーリング
場所: 三井温熱研究所
  1. 4つの基本動作から本日のワークショップが始まりました。昨日の復習をしながら練習に進んでいきました。病気の症状別対処法では肝臓・腎臓に効果がある方法を何種類かやりました。ワークショップも2日目びなり、内容が少しずつ高度になっていくのを感じました。
     10時から5分間の休憩がありました。呼吸法の練習をしている方が何人かいました。皆様の熱心さには頭が下がる思いです。
     休憩後、ミシガンへヒーリングを受けに行かれたIさんに体験談をお話していただきました。Iさんは大腸癌でしたが、現在は元気にお仕事をしていらっしゃいます。これからミシガンへ行かれるかどうか迷っている方や不安を感じている方々にとても参考になるお話でした。貴重な体験談を皆様の前でお話していただき本当にありがとうございました。
     練習が再開され、病気の症状別対処法を中心にやりました。内容は糖尿病、顔面神経痛、血圧の正常化、胸が苦しいとき効果的な方法等でした。
  2. ヒーリングは約15回行いました。早めにヒーリングが終了したので、11時45分から昼食になりました。
  3. 午後のワークショップは12時45分から開始されました。始めに棒を使ったデモンストレーションを行いました。症状別対処法では小児麻痺と近視が取りあげられました。5分間の休憩後、短い棒を使った練習をしました。症状別対処法では子宮癌・前立腺癌等をやりました。最後に質問の時間を10分間とりました。ワークショップの参加者は約30人でした。
  4. ヒーリングは約30回行いました。ヒーリング終了後、新聞紙をお祓いの方法を紹介しました。本日の全ての日程が終了したのは17時15分でした。

9月4日(日) スケジュール予定

1. 9:00 - 11:00 呼吸法ワークショップ
2. 11:00 - 12:00 ヒーリング
  12:00 - 13:00 昼食
3. 13:00 - 15:00 呼吸法ワークショップ
4. 15:00 - 17:00 ヒーリング
場所: 三井温熱研究所

 今日は東京での呼吸法ワークショップの最終日です。今日一日、淳子さんも参加されます。

  1. ワークショップ3日目となり、みんなで4つの基本動作を行った後、すぐに3〜5人で椅子を使った練習が始まりました。本日、初参加の方が数人いらっしゃいましたので、淳子さんに個別に指導していただきました。病気の症状別対処法では腎臓に効果的な方法やうつ病に効果的な方法などを行いました。
     10時から5分間の休憩がありました。休憩後、氣を壁に当ててはね返す練習をしました。10時30分頃から11時までパットさんと淳子さんを中心として練習が行われました。症状別対処法では座骨神経痛をやりました。
  2. ヒーリングは約10回行いました。11時40分に終了し、早めの昼食になりました。
  3. 午後は予定どおり13時から始まりました。20分間デモンストレーションがありました。内容は木刀や丸棒を使ったものや時計の針、1円玉を使ったものをやりました。
     13時20分から14時までパットさんがクラスを担当しました。病気の症状別対処法では糖尿病をやりました。
     14時40分から参加者の方々全員から一言ずつ感想を言っていただきました。その一部をご紹介します。
    スッキリ目覚めた。
    ・たくさんあって覚えられないが充実した日々だった。
    ・一人で練習するより、みんなでやった方が気持ちがよかった。
    ・3回目の参加で初めて氣を感じられるようになった。
    ・回を重ねるごとに、分からないことが分かるようになってきた。
    ・カラオケで声が大きく出るようになった。
    ・新倉呼吸法はなくてはならないものになっている。
    ・投げ飛ばされる快感を感じた。
  4. ヒーリングは約30回行いました。遠方より参加した方々は飛行機や新幹線の時間に合わせて帰られました。次回の参加を約束された方もいらっしゃいました。17時15分にすべての日程が終了しました。本日の参加者は約30人でした。

 3日間のワークショップが無事に終了しました。たくさんの方々に参加していただき、ありがとうございました。毎回参加する方、遠方より参加する方々の熱心さには本当に頭が下がる思いです。前回と今回、愛知県より90歳の方が参加されました。最高齢参加者として次回も参加を約束してくださいました。関係者の方々、参加者方々のご協力により充実したワークショップを行うことができました。感謝いたします。舞鶴、沖縄、山口、東京に参加していただいたパットさん、リチャードさん、長い間ありがとうございました。来日に不安を感じていたエディさんも日本を気に入っていただけたようで、うれしく思っています。明るさと暖かさと優しさで参加者の方々を魅了していて、その偉大さを実感しました。私たちのためにわざわざミシガンより来ていただき、本当にありがとうございました。皆様とまたお会いできる日を楽しみにしています。
 明日から2日間は、臨時に先生がヒーリングを行う予定です。


9月5日(月)
 本日は一日ヒーリングを行う予定です。午前中は約15回、午後は16時までに約20回ヒーリングやりました。
 16時より雑誌の取材がありました。まず、氣の呼吸法を作った経緯や武将の研究についてのお話をしました。次に、今回の沖縄でのワークショップの感想を述べました。3年前に沖縄を訪れた時、老人は孫のためにはお金を使っても自分のために使うお金は持っていなかったが、今回は新倉先生よりも年上の方が参加者の半数以上を占め、年寄りがお金を自分のために使える時代が沖縄にもきたことに感激したこと、最後に氣を信じることの大切さや氣は病気の予防にもなることを話しました。先生のお話は大変おもしろく取材中、笑いが絶えませんでした。
 16時50分より、取材のためのデモンストレーションを行いました。4つの基本動作を説明しながらやりました。先生のビデオを見ながら解説をして取材は17時30分に終わりました。
 イースト・プレス『がんを治す完全ガイド』11月号または12月号に掲載される予定です。
 17時30分より残っていた方のヒーリングを3回行い、本日の日程は終了しました。


9月6日(火)
 本日は一日ヒーリングを行う予定です。午前中は約20回、午後は約25回ヒーリングやりました。
 沖縄、山口、東京と続いた日本での夏の日程は本日ですべて終了しました。たくさんの方々との出会いがあり、貴重な体験をさせていただきまいた。訪問した各地で歓迎していただき、先生が来られるのを心待ちにしている方がこんなにもたくさんいることに感動しました。長い日程でしたが、先生は疲れも見せず一人ひとりに誠実に真剣に氣を送っていました。このような先生のお人柄が人気の一因だと思います。日本全国で新倉式呼吸法が広がっていく勢いを感じます。新たな地でワークショップ開催の計画があり、今後が期待されます。
 私のレポートも今日で終了します。私の拙い文章を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。日本での先生の活動について少しでも理解していただければ幸いです。

新倉式呼吸法を広める会   金村理子

沖縄/山口 リポートへ